ロゴ:三番町SAORI皮膚科

tel. 089-997-7012

  • 水〜土曜日 11:00〜14:00 / 16:00〜20:00
  • 日曜日 9:00〜12:00 / 14:00〜17:00
  • 休診日 月・火、土・日以外の祝日
ご予約に関しての注意事項

ブログBLOG

~美肌へ導くQ&A~【たるみ治療】

2024.06.18美容

Vol.13 新メニューの糸リフトも! 『たるみ治療』

毛穴/黒ずみ/角栓/ニキビ跡/たるみ毛穴/皮脂過剰/ハイドラフェイシャル/ピーリング/レーザーフェイシャル/ダーマペン4/フラクショナルレーザー/ピコフラクショナルレーザー/マッサージピール/ヴェルヴェットスキン/水光注射/アイコンマックスG

Q1「なぜ、たるみが生じてしまうのでしょうか…」

たるみの原因には、「萎縮」と「下垂」という2つがあります。まず「萎縮」は、加齢と共に筋肉や脂肪が萎縮してしまうために外側の皮膚がたわんでしまうのです。例えばつみたてのみかんは皮がピンと張っているけれど、1カ月も経つと中身の水分が抜けて小さくなるので、皮がぼこぼこするイメージです。一方、「下垂」というのは文字通り落ちてくること。お面を長い間つけていると、後ろのゴムの部分が緩んでお面がずれ落ちてきますよね。皮膚やお顔全体を覆う筋膜が加齢により緩んでくることで、その上にある脂肪を支えられなくなり全体的に下がってしまいます。

Q2「たるみを改善するにはどんな治療が効果的ですか?」

萎縮によるたるみには、ヒアルロン酸注入が効果的です。萎縮部位や程度は個々で異なりますので、診察のうえ、最も効果的な部位にピンポイントで注入します。下垂によるたるみの場合は、ウルセラリフト(高密度焦点式超音波HIFU)をお勧めしています。これは、超音波を当てることで筋膜をギュッと引き締める施術です。以上2つの治療に加え、糸リフトも導入しました。糸リフトは医療用の溶ける糸を使用し、下垂した脂肪を元の位置に戻します。フェイスラインのもたつき、マリオネットラインが改善されますよ。3つの治療をカスタマイズしてご提案させていただくことも可能です。

【MENU】

● ヒアルロン酸注入・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1本目66,000円〜
● ウルセラリフト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・全顔242,000円、下顎132,000円ほか
● 糸リフト…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1本22,000円〜

Q3「糸リフト、とても気になります! 痛みや効果の持続期間などは?」

糸リフトは「かえし」のついた手術用の糸を、耳の前やこめかみ生え際から挿入し、引き上げたい脂肪に引っ掛けて固定します。少し痛みを伴う治療ではありますので、麻酔を行います。約1時間半で終わります。術後は当日より洗顔・シャワー・メイク可能ですが、お顔のマッサージや大きく口を開けるような歯科治療は1カ月程度お控えください。リフトアップの持続期間は大体1年くらいといわれています。この糸は、溶けるときに周りの脂肪を溶かしてくれたり、糸を通していた部分がコラーゲンに置き換わったりといういい副産物がありますので、糸による牽引効果がなくなっても治療前より綺麗な状態は保てると思います。

Q4「そもそもたるみ治療は何歳ぐらいから始めたらいいですか?

20代で萎縮や下垂が起こることはほぼありませんから、30代後半からで良いのではないでしょうか。もし20代でたるみを気にされている方は、ほうれい線が目立つ骨格だったり、筋肉のつき方だったりと別の原因が考えられます。また、皮膚の伸び縮みを少なくするためにも、体重はできるだけ一定にしておくことが望ましいですね。

タウン情報まつやまでも連載中!